CAST&STAFF

朝鮮王朝の首都《漢陽》=《ソウル》 朝鮮半島の中心地を巡って《運命の歯車》が動きだす!!

モク・チサン

書雲観(ソウングァン)の日官(イルグァン)で最高の吉地を見抜く神眼の持ち主であったモク・トンニュンと、王族出身で風水学を教える教授ワン・ヨンジとの間に生まれる。父トンニュンの才能を受け継ぎ、他人の未来を言い当てる名人。ホン・デボク、イ・ハンベクという偽名を使い分け、母親を捜すために書雲観に入り込む。気力が衰えた高麗(コリョ)に代わり、最高の吉地の主として、イ・ソンゲを迎え入れる。

チソン

1977年2月27日生まれ。99年にドラマ『ずっと会いたい』『カイスト~天才たちの青春日記~』でデビュー。01年には『おいしいプロポーズ』や『華麗なる時代』に出演し、SBSとMBCの両局で新人賞に輝いた。03年のドラマ『オールイン』で、SBS演技大賞・10大スター賞を受賞するとともに、日本でも顔を知られるようになる。時代劇は、03年の『王の女』、10年の『鉄の王キム・スロ』に次いで3作目。その他の主な出演作に、『ニューハート』(07年)、『ロイヤルファミリー』(11年)、『ボスを守れ』(12年)など。

イ・ソンゲ(李成桂)

高麗(コリョ)末期の武官であり、後に朝鮮王朝を建国し、初代王・太祖(テジョ)となる人物。祖先は高麗人だったが北方に逃れ、双城(サンソン)総管府の地で野人の暮らしをしており、その後、高麗に武官として取り立てられる。部下思いで、神業に近い弓の腕をもつが、遊び人風で体面にはこだわらず、豪放な性格の持ち主。自らの権益に固執する高麗を見限り、モク・チサンの支持を得て自ら王になる道を選ぶ。

チ・ジニ

1971年6月24日生まれ。何本かのMVに出演後、00年にドラマ『ジュリエットの男』でデビュー。03年の時代劇『宮廷女官チャングムの誓い』の空前のヒットにより、世界規模で顔を知られるようになる。10年の時代劇『トンイ』で演じた、お茶目な王のキャラクターも話題を呼び、MBC演技大賞・最優秀男優賞を受賞。その他の主な出演作に、『波乱万丈~Missキムの10億作り~』(04年)、『春の日』(05年)、『スポットライト』(08年)、『結婚できない男』(09年)、『お願い、キャプテン』(12年)など。

ユン・ヘイン

書雲観(ソウングァン)の風水学教授ユン・ヒョミョンの娘。自身も書雲観の生徒として風水を学ぶ。好奇心旺盛で慌て者だが、芯の強い女性。幼なじみのイ・ジョングンから好意を寄せられていたが、風水師の大家イ・ハンベクを騙るモク・チサンと出会い、やがてお互いに想いを寄せ合うようになる。王妃になる運命を持って生まれたが、それを捨てて、愛に生きる決心をする。

キム・ソヨン

1980年11月2日生まれ。94年にドラマ『恐竜先生』で子役デビュー。00年のドラマ『イヴのすべて』で悪女役を演じてブレイクした。05年のドラマ『秋の夕立』以来、しばらく活動を休止していたが、08年にドラマ『食客』で復帰。09年のドラマ『IRIS[アイリス]』でKBS演技大賞・人気賞を受賞。10年にもドラマ『検事プリンセス』でSBS演技大賞・10大スター賞に輝く。その他の出演作に、『順風産婦人科』(98年)、『クァンキ』(99年)、『母よ姉よ』(00年)、『ドクター・チャンプ』(10年)など。

イ・ジョングン

高麗(コリョ)の権臣イ・イニムと、その愛人だった国巫(クンム)スリョンゲの間に生まれるが、ワン・ヨンジを母親として育てられる。自らの出生の秘密を知らずに父の不義を非難し、元(げん)の地に追いやられてしまうが、徳興君(トックングン)の謀反に乗じて帰国する。風水学の知識では誰にも引けを取らないと自負していたが、天性の才能を持ったモク・チサンには敵わず、卑劣な手段で対抗しようとする。

ソン・チャンウィ

1979年1月24日生まれ。02年に舞台『ブルーサイゴン』で、ミュージカル俳優としてデビュー。『ヘドウィグ』でスターの座に立ち、以後、ドラマや映画へと活躍の場を広げていった。07年に主演したドラマ『黄金の新婦』で一躍人気を集め、SBS演技大賞・10大スター賞に輝いたほか、百想(ペクサン)芸術大賞・新人賞を受賞。10年のドラマ『美しき人生』では、同性愛者の役を演じ、イ・サンウとのラブシーンも話題に。『シンデレラマン』(09年)、『オレのことスキでしょ』(11年)など、主人公のライバル役を演じることが多い。時代劇では、「イ・サン(正祖)」に出演。。

パニャ(般若)

貢女として逃亡中、モク・チサンに助けられ、母親の遺骨を“君主の地"に埋葬するが、その場所をスリョンゲに奪われてしまう。どん底から這い上がるため、敵のスリョンゲとも手を組んで、恭愍(コンミン)王の側室となり王子を出産するが、それが原因で命を狙われることになる。権力をつかむためにチサンを利用し危機に陥れたほか、権力の座を追われてからも、チサンに対して復讐しようと試みる。

イ・ユンジ

1984年3月15日生まれ。04年にシットコム『ノンストップ4』で演技デビュー。06年のドラマ『19歳の純情』で、KBS演技大賞・新人賞を受賞。07年にもドラマ『そばにいて』で、MBC演技大賞・黄金演技賞に輝いた。08年には芸能情報番組『芸能街中継』のMCも務めている。その他の主な出演作に、『No Limit~地面にヘディング』(09年)、『素直に恋して~たんぽぽ三姉妹~』(10年)、『ドリームハイ』(11年)、『キング~Two Hearts』(12年)など。08年の時代劇『大王(テワン)世宗(セジョン)』では、昭憲(ソホン)王后役を演じている。

イ・イニム(李仁王)

高麗(コリョ)の権臣で、イ・ジョングンの父。国巫(クンム)のスリョンゲと情を通じていたが、王族の娘であるワン・ヨンジを妻に迎える。恭愍(コンミン)王を暗殺して禑(ウ)王を王位に就け、高麗の実権を掌握する。対立するチェ・ヨンやイ・ソンゲを倒そうとする。

チョ・ミンギ

1965年11月5日生まれ。学生時代に演劇活動を始め、数本の映画に出演後、93年にMBC公採タレントとしてデビュー。誠実な好青年役で人気を集めていたが、02年のドラマ『止まらない愛』で不倫男の役を演じ、KBS演技大賞・優秀男優賞を受賞。08年の『エデンの東』でも悪役でMBC演技大賞・優秀男優賞に輝いた。その他の主な出演作に、『善徳(ソンドク)女王』(09年)、『私も花!』(11年)など。

スリョンゲ

高麗(コリョ)最高の巫女で、星宿庁(ソンスチョン)を司る国巫(クンム)。イ・イニムと情を通じてイ・ジョングンをもうけるが、巫女の身で子を持つことは許されないため、ワン・ヨンジに息子を託す。イ・イニムとともに禑(ウ)王の後見人となって、最高権力の座を手に入れる。

オ・ヒョンギョン

1970年3月25日生まれ。88年にドラマ『愛が花咲く木』でデビュー。89年にはミスコリア真に輝く。99年、私生活の映像がインターネットに流出するというスキャンダルで、芸能界を引退。その後も夫の逮捕や離婚など数々の試練を経て、08年にドラマ『糟糠の妻クラブ』で女優復帰。『グロリア』(10年)、『ミス・アジュンマ~美魔女に変身!~』(11年)など、積極的な活動を続けている。

ポンチュン

もとは星宿庁(ソンスチョン)の巫女で、スリョンゲと次期国巫(クンム)の座を争っていたが、濡れ衣を着せられて追放される。その後、妓楼を開いて復讐の機会を狙う。パニャを引き取って、恭愍(コンミン)王の側室として送り込むことに成功するが、正体が発覚してスリョンゲに狙われる。

カン・ギョンホン

1977年3月14日生まれ。96年にKBS公採タレント18期でデビュー。同年のドラマ『パリ公園の朝』や『初恋』に出演した。短編ドラマを中心に数多くのキャラクターを演じており、特に04年の映画『スパイダー・フォレスト 懺悔』での演技力が評価された。主な出演作に、『プロポーズ』(04年)、『大王(テワン)世宗(セジョン)』(08年)、『マイダス』(11年)、『不屈の嫁』(11年)など。

チェ・ヨン(崔瑩)

数々の戦闘で功績を挙げた、高麗(コリョ)最高の武臣。恭愍(コンミン)王の信任が最も厚い忠臣だったが、陰謀によって地方に左遷されてしまう。イ・ソンゲによって復帰が叶う。イ・ソンゲとともにイ・イニムを排除するが、国に対する忠誠をめぐってイ・ソンゲと対立する。

ソン・ビョンホ

1962年8月25日生まれ。舞台俳優出身で、96年のソウル演劇祭・演技賞などの受賞歴を持つ。01年の映画『ラブ・レター~パイランより~』で注目を集め、多くの映画やドラマで個性的なキャラクターを演じている。主な出演作に、『風の国』(08年)、『ジャイアント』(10年)、『インス大妃』(11年)など。演出家としても活動しており、ZIZレパートリーカンパニーの代表を務めている。

恭愍(コンミン)王

高麗(コリョ)第31代王。幼い頃、人質として元(げん)に赴き、後に王となって高麗に帰国する。元の支配下からの脱却を目指し、荒廃した高麗社会を建て直すため、紫微垣局(しびえんきょく)を手に入れようとする。しかし、王妃の死により国政に対する意欲を失い、次第に堕落してゆく。

リュ・テジュン

1971年12月7日生まれ。モデル出身で98年に歌手デビューする。その後、友人の紹介で俳優に転向し、06年のドラマ『めっちゃ大好き!』や時代劇『ファン・ジニ』で人気を集めた。07年にはドラマ『愛に狂う』『ブルーフィッシュ』でSBS演技大賞・ニュースター賞を受賞。その他の主な出演作に、ドラマ『ボクヒ姉さん』(11年)、映画『きみはペット』(11年)など。

魯国(ノグク)公主

元(げん)の皇族出身の娘で、恭愍(コンミン)王の妃。既存勢力にとって邪魔者で、たびたび命を狙われる。なかなか子ができなかったが、ようやく懐妊。不安を和らげるため、ワン・ヨンジを釈放して側に置くが、母子ともに命を失ってしまい、コンミン王を悲しませる。

ペ・ミニ

1979年5月9日生まれ。97年にKBSスーパータレント19期となり、同年のドラマ『なつめの木に愛が実ったよ』でデビュー。00年にドラマ『タンポポ』でKBS演技大賞・新人賞を受賞した。09年には『結婚できない男』でチ・ジニの妹役で出演、同年の『迷わないで』では悪女役を演じている。その他の出演作に、『華麗なる時代』(01年)、『名家の娘ソヒ』(04年)、「ファントム」(12年)など。

ホン・ジョンデ

市場のごろつきで、金のためなら何でもするという極悪人。引き取ったパニャを高官の家に売り、金に換えてしまう。実父を失ったモク・チサンの養父となるが、その一方でチサンの一挙手一投足を監視して、イ・ジョングンに報告している。

イ・ムンシク

1967年11月13日生まれ。95年に映画『金を持って高飛びしろ』に端役で出演。下積み時代を長く送っていたが、01年の映画『達磨よ、遊ぼう!』で注目を集める。コミカルな名脇役として人気が高く、主な出演作に、『チェオクの剣』(03年)、『イルジメ~一枝梅~』(08年)、『ジャイアント』(10年)、映画『平壌城』(11年)など。08年のSBS演技大賞・助演男優賞ほか、受賞歴も多数。

ユン・ヒョミョン

書雲観(ソウングァン)の風水学教授で、ユン・ヘインの父。モク・チサンの実父であるモク・トンニュンとは親友同士だったが、トンニュンをスリョンゲ一派の拷問から救うために、弓矢で殺害してしまう。それが原因で、チサンとヘインの結婚に反対する。

イ・ヨンボム

1961年10月20日生まれ。82年にMBC公採タレント15期でデビュー。90年代から数多くのドラマで個性的なキャラクターを演じ、特に00年の『コルベンイ』でSBS演技大賞・シットコム演技賞を受賞するなど、シットコムで人気を集めている。その他の主な出演作に、『キツネと綿菓子』(01年)、『英雄時代』(04年)、『幻の王女チャミョンゴ』(09年)、『星をとって』(10年)など。

ムハク大師(無学大師)

全国を放浪する僧侶。僧侶でありながら酒好きで俗世間に通じており、一見するとエセ坊主だが、真実を見抜く眼目の持ち主。モク・チサンの師匠として紫微垣局(しびえんきょく)の発見の仕方を教え込むとともに、イ・ソンゲを新たな王として導く役割を果たす。

アン・ギルガン

1966年8月24日生まれ。97年に映画『三人組』でデビュー。アクション映画を中心に脇役として出演を重ねる。近年では、『王と私』(07年)、『イルジメ~一枝梅~』(08年)、『階伯(ケベク)』(11年)など時代劇でも活躍。09年の『善徳(ソンドク)女王』ではMBC演技大賞・黄金演技賞に輝いた。

シンドン(辛旽)

法名は遍照(ピンジョ)。寺の奴婢の子として生まれ、虐げられて育つうちに、矛盾した高麗社会を正そうと野心を抱く。パニャを引き取って恭愍(コンミン)王に捧げ、王妃の死で傷心のコンミン王に代わって急進的な政治改革を実施するが、イ・イニム一派の陰謀に巻き込まれてしまう。

ユ・ハジュン

1979年1月30日生まれ。CMモデルとして芸能界入りし、03年に映画『輪廻 リ・インカーネーション』でデビュー。04年の映画『下流人生~愛こそすべて~』や、06年の映画『レストレス~中天~』で人気を集めた。06年のドラマ『ある素敵な日』では、血の繋がらない妹に愛情を抱く不気味な兄役を演じた。11年の時代劇『王女の男』では、スヤン大君の部下の刺客役を演じている。

ワン・ヨンジ

高麗(コリョ)王族の女性。書雲観(ソウングァン)の教授を務める。モク・トンニュンとの間にモク・チサンをもうけるが、命を救うためイ・イニムの妻となる。偽の紫微垣局(しびえんきょく)を渡した罪で、王宮の牢獄に幽閉されるが、魯国(ノグク)公主の要請で解放される。

イ・スンヨン

1968年8月18日生まれ。もとは旅客機の客室乗務員で、92年にミスコリア美に輝いて芸能界入り。95年にドラマ『砂時計』で一躍人気女優となるが、98年に運転免許証の不法取得が発覚、さらに04年には従軍慰安婦を題材としたヌード写真集が物議を醸し、芸能活動停止に追い込まれる。06年にドラマ『愛と野望』で女優活動を再開。その他の出演作に、『スカーレットレター-裏切りの代償-』(10年)など。

  

イ・ジン (ワン・ヨンジ 少女時代)

1980年3月21日生まれ。98年に4人組女性アイドルグループ、Fin.K.Lのメンバーとしてデビューし、絶大な人気を誇った。02年にシットコム『ノンストップ3』に出演したほか、バラエティー番組などでも活躍。07年の時代劇『王と私』で本格的な女優活動を開始する。11年にはドラマ『栄光のジェイン』でキャリアウーマン役を演じた。本作で12年のSBS演技大賞・特別演技賞を受賞している。

ノ・ヨンス(盧英寿)

書雲観(ソウングァン)の副正(プジョン)。書雲観の責任者を務めるが、きわめて俗物的な性格の持ち主で、権力には弱い。権力者たちの意向に従って、密かに風水や四柱の結果を操作している。イ・イニムやスリョンゲらと手を結び、様々な陰謀に手を染める。

イ・ウォンジェ

1958年8月16日生まれ。多数のドラマや映画で個性的な役どころを演じている。時代劇への出演も多く、06年には『朱蒙(チュモン)』で街のごろつきトチ役、08年の『イルジメ~一枝梅~』ではチャン捕校役、12年の『武神』では高麗を裏切って元(げん)に付くホン・ボグォン役を演じた。その他の主な出演作に、『妻が帰ってきた~復讐と裏切りの果てに~』(09年)、『大丈夫、パパの娘だから』(10年)など。

ウ・ヤスク

女真族の出身。イ・ソンゲとは義兄弟の契りを結んだ仲。口数は少ないが、常にイ・ソンゲの側を守る忠実な腹心。イ・ソンゲの新しい国家建設に際して功績を挙げ、イ・ソンゲを王位に就けるため協力する。

キム・グテク

1970年12月22日生まれ。映画を中心に助演として活躍しており、『花嫁はギャングスター』(01年)、『ワンス・アポン・ア・タイム』(08年)、『神弓』(11年)、『風と共に去りぬ』(12年)などに出演。05年の映画『天軍』でも、女真族の族長ニタンゲ役を演じている。テレビドラマとしては、09年に短編ドラマ『シル島』に出演して以来、本作が2作目となる。

ウ・ヤスク

イ・ソンゲの右腕となる忠実な部下。血の気が多くお調子者。酒好きでそのために失敗することも多いが、忠誠心は人一倍。徳興君(トックングン)による反乱の際、イ・ソンゲを脅迫するための人質として李家奴(イ・ガノ)の軍勢に捕らえられ、指を失ってしまう。

ト・ギソク

1974年9月16日生まれ。00年にSBS公採タレントとしてデビュー。多くのドラマで主人公の友人や部下の役どころを演じている。時代劇への出演も多く、08年には『イルジメ~一枝梅~』で、ヒマの油で頭をギトギトにしたヤクザの親分ヒボン役を演じ、SBS演技大賞・友情賞を受賞した。その他の出演作に、『美しき日々』(01年)、『海神-HESHIN-』(04年)、『済衆院 チェジュンウォン』(10年)など。

禑(ウ)王

恭愍(コンミン)王とパニャの間に生まれた王子。幼名はモニノで、王宮に迎えられると同時に、母親と引き離されてしまう。コンミン王の死後、イ・イニムの手によって高麗(コリョ)第32代王に擁立されるが、酒色に溺れ放蕩な生活を送る。王宮を掌握したイ・ソンゲによって廃位される。

イ・ミノ

1993年6月28日生まれ。98年にシットコム『順風産婦人科』で子役デビュー。『明成(ミョンソン)皇后』(01年)や『張禧嬪(チャンヒビン)』(02年)、『江南ママの教育戦争』(07年)などで子役として活躍する。12年の時代劇『太陽を抱く月』では陽明君(ヤンミョングン)の少年時代を演じ、注目を集めた。同年のドラマ『屋根部屋のプリンス』では世子の側近ソン・マンボ役を演じ、子役俳優からの脱却に成功した。

イ・ヨンソク

発売元:フジテレビジョン/ポニーキャニオン ©SBS